スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラノベVol.5】ナインの契約者 

 ⇒amazon

著者:二階堂紘嗣
イラスト:山本ケイジ

とある探偵事務所の銀髪美少女悪魔と助手の使い魔(カラス)が
主人公でミステリーのような短編集です。

悪魔が出てくる話といえば、願いをかなえる代わりに
代償として魂を頂くという話ですが、まさにこれを基本とした
お話にはなっております。

ただ言葉巧みに魂を取りにいく話しではなく、願いをかなえてもらう
人間の立場(視点)から物語は進んでいきます。
語り手は主人公の悪魔でなく、人間の方がメインなので形式としては
珍しいのではないでしょうか。

シチュエーションは一巻だと女子高生同士の絡み、三角関係等々
たま~に卑猥な言葉もありますが、結構楽しめました。
短編集なので読みやすいですし。


設定面について・・・

九と書いて「いちじく」と読む。
一と書いて「にのまえ」と読む。
あまりあの人間名は「井上まりあ」
一二三とかいて「ワルツ」と読む。

文字遊びが面白いですね。
最初にふりがながなかったら絶対気がつきません



紹介が遅れましたが注目のイラストレーターは
「山本ケイジ」先生!
そうです実は今回も表紙買いです。基本です。

僕は「半分の月がのぼる空」の絵を見てから
この人の絵が好きになりました。可愛いですしね。
オススメです。



ナインの契約者は残念ながら3巻で完結してしまっているのですが、
こういった作品はどんどん出てきてほしいなと思います。
もちろんイラストレーターは有名どころで!(笑)


◆なんちゃって評価◆(試験的運用)
 【イラスト】★★★★★
 【内容】  ★★★☆☆  使い魔の話がくどかった分マイナス
 【キャラ】 ★★☆☆☆  使い魔がうざかった分マイナス

 使い魔が足枷(笑)


blogranking

コメント

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://hurikiretomaton.blog93.fc2.com/tb.php/67-85ccbc63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。