スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】魔法科高校の劣等生6、7 横浜騒乱編 

 

著者:佐島勤
イラスト:石田可奈


アニメに追いつかれないように順調に読んでます。アニメはまだ入学編が続いていますが、最終的にどこまでやるのかな。九校戦も結構長そうなので、2クールやってもこの横浜騒乱編くらいまでかな~と勝手に予想。


そんなこんなでこの横浜騒乱編は全国論文コンペティションがメインの話ですが、外国からスパイやら暗殺者やらが出てきて、また主人公無双&すばらしい兄妹愛が見れます。

個人的に見所は上巻の深雪のミニのエプロンドレス姿ですかね。眼福眼福♪
あとやっぱり兄妹のやりとりは面白いですねー
キュンキュン(死語?)しますww

一応この横浜騒乱編は異国との戦争になりますかね。その中で魔法師という存在がどんだけすごいのか、世界的に影響力をどれだけ持つのかがよくわかります。
これまでなるべく目立たないようにしてきた主人公も下巻ラストのアレですごさがわかりますので是非読んでみてみてください。漫画もいくつか出てるので活字読むのがめんどい方はそちらもどうぞ。
正直、時々書いている内容についていけないことも(笑)

リンクバナー

コメント

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://hurikiretomaton.blog93.fc2.com/tb.php/142-8d9daa42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。